メアリーハウス





そこのあなた。
こんな誰も居ないところで何をしているのですか?
特に理由はない……?私と同じですね。
暇でしたら、少し面白い話をしましょうか。なに、お金はとりませんよ。






ある小さな町のはずれの高台の上に、「メアリーハウス」と呼ばれている家がありました。
そこには、10代半ばの女の子が8人住んでいました。
彼女らは全員孤児で、しかも全員の名前がメアリーでした。
そこに、ある日1人の男が訪ねてきました。絵を描くのに適した場所を探してる、ということでした。
彼女らは、見晴らしのいいテラスを彼に貸してあげることにしました。
彼は旅人で、お礼に彼は彼女らに旅の話を聞かせました。
そして、夜が更けて彼が家を出ようとした時、彼女らはこう言いました。
「もっと旅の話が聞きたいから、また来てくださいませんか?」
彼は、しばらくその町に滞在することにしました。そして、毎日のように彼女らの元を訪ね、絵を描いたり旅の話をしたりしました。
どうやら、旅の話を聴くうちに、彼女らは彼のことが好きになったようでした。そう、8人全員が。
そして、これが事件を引き起こしたのです。
それから数週間たったある日、彼から警察に連絡がありました。
「家で7人が死んでいる」と。
警察が駆けつけると、それはもう言えないほどの惨状が広がっていました。
家の中が血で染まるほどの惨状でした。






なに?残った1人が犯人だって?
そう簡単に解決する話だったら、面白くもなんともないじゃないか。
実は彼女、目が見えないんだ。






当初は、簡単に解決するものと思われていた。
しかし、そうではなかった。
残る1人は目が見えない。
旅人も疑われたが、事件の時に宿にいたことが分かった。
目が見えない彼女の目が見えていたら、この事件は簡単に解決するのに。
事件は、迷宮入りするんだ。






なに?実は彼女の目は見えていたんじゃないのか、だって?
ほう。あなたはなかなか勘が鋭いようだ。
そう、彼女の目は見えていたんですよ。
でも、警察がそれを知ったときには、彼女の姿が消えていたんです。
今頃は、何処かの土の中に埋まってるでしょうね。
何でそう言い切れるかって?
だって、埋めたのはこの私ですから。
この事件の真相は、こういうわけですよ。
彼女たち8人が私のことを好いてくれているのは知っていました。そして、目が見えないはずの彼女の目が見えていたことも、彼女から打ち明けられました。
そこで、宿に帰る前に私は彼女にこう言ったのですよ。
「どうやら、私は8人全員から好かれているらしい。そして、残りの7人は、自分以外の7人を殺そうと計画しているみたいだ。私を独り占めするために、ね。だけど私は、君のことが一番好きなんだ。君には、生きて欲しい」
まさか、あんな惨状になるほどとは思わなかったけどね。
だったらなぜ最後に彼女を殺したのか、って?
それは、旅を続けるのに邪魔だからさ。1人の方が気楽でいいからね。









さて、あなたは私の秘密を知ってしまった。

今すぐ、彼女らの元に送ってあげるからね。

なに、痛みなどないよ。すぐ、楽になるさ。





戻る